ゲームやその他の雑記を淡々と書くブログ

ゲームのレビューや雑記を書き込む不定期更新ブログ。このゲーム面白そうと思ってもらえるような記事を書いていきたいです。

PRESS START フィナーレ 行ってきました

ゲームの中でBGMは欠かせない存在ですが、そのBGM単独でも、一つのジャンルとして確立されたコンテンツだなぁと改めて感じました。

 

08/08(土)、PRESS STARTに行ってきました。
個人的には1年の中で一番の楽しみと言っても過言ではない行事です。
今回でフィナーレ、つまり最後の開催ということで、行くしか無い!と。
ゲームごとに短いですが感想を。自分のプレイ歴も書いておきます。

 

FF8

未プレイ。
FFシリーズの音楽はいいですねDDFFでの8の曲は好きなんですが、あの空気感がそのまま出てきた感じで感動しました。

 

ゲームで使用されているクラシックメドレー


「クラシックと言われるとパロディウスしか思い浮かばないや…。」

 

圧 倒 的 パ ロ デ ィ ウ ス 率

 

使用されているゲームが、モザイク画からだんだん分かるようなちょっとしたクイズ形式になっていて、面白い演出でした。
見ていて気付きましたが、ベヨネッタもそうでしたね。
クラシックも良いですよね。聞き慣れている分耳にスッと入ってきます。

 

スーパーマリオブラザーズ


プレイ済み。
近藤さんが登壇されて、演奏した楽曲の譜面がだいぶ昔にあった演奏会の譜面だとか…。歴史あるBGMだからこそ、という感じがしました(そこらへんのトークもうちょっと聞きたかった)

 

ゼルダの伝説


プレイ済み。
パンフレットにはメインテーマとだけ書いてあったんですが、いろいろ混ぜ混ぜされてた気がします。
あ、ちなみに最初からずっと鳥肌立ちっぱなしです。

 

ワンダと巨像


未プレイ。
ストーリーは全く想像できないですが、なんかハラハラするような、スケールが大きいような、そんな想像をかきたてられるBGMでした。既プレイの方はもっとすごかったろうと思います。

 

エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー


未プレイ。
良い!空戦のBGMかこれは!物悲しさとか、戦いへの高ぶりとかを想像してしまいました!フラメンコな感じが凄く好きです。

 

聖剣伝説 Legend of Mana


プレイ済み。
涙腺決壊の恐れ。メインテーマ、滅びと煌めきの都市、ドミナタウン、彩りの大地…。
これは…泣かせに来ている!
私個人はドミナタウンが大好きです。下村さんの曲、良いですよね…ッ!
ファンタジーで町の曲で、どことなく平和雰囲気。
町のBGMで、個人的にはトップかも知れません。
ああ、まだやりたくなってきた…やろうかなぁ。ニキータさんに会いたい。モフモフしたい。

 

第二部

 

俺の屍を越えてゆけ


未プレイ。
タイトル的にも悲しげな音楽なのかなと思ったら、そんな甘いものではなかった。泣かす気ですか。
やった事ないのに涙腺緩むとか。虚しくなるゲームはあまりやりたくないんですが、気になるなぁ。

 

リズム天国


未プレイ。
颯爽と企画者五人登場。
「忍者」のゲームに倣って、企画者がリズムをとって、観客がそれと同じリズムで返す。というゲーム。
植松さんが問題出すのに失敗した時は面白かったです。折角パーカッションあったのに「( ゚д゚)ハッ!」とか面白いことするからですよ…(笑)

 

エルシャダイ

未プレイ。
やろうと思って結局やってなかった。モンハンの作曲家さんの音楽だと知り、うーんいい曲、と思いつつ聞いてたら、

 

パチン!

 

――PRESS START会場の諸君、ごきげんよう。ルシフェルだ。

 

( ゚д゚)

 

会場爆笑。
相変わらず年数を勘違いしたり、「始まりがあれば終わりがある、それが君たちの持つ運命というものだ」とか、
名言をぶっこんできたりと、いつも通りで安心しました。

 

 

ゼノブレイド

プレイ済み
本日の個人的山場。
いやもうね。モノマネ番組でご本人登場から放映するかのようなね。
個人的にもっとエレキギターにぎゅいんぎゅいん言って欲しかったんですが、オーケストラだしね。しょうがないね。
コーラスが綺麗で、鳥肌モノでした。

プレイしてた時にグワァッと引き戻される感じですごく気持ちよかったです。

プレイしていた記憶を消して、もう一度やり直したいですね。

でも、今やり直してプレイするモチベが続くかしら…汗

 

MOTHER


未プレイ。

大乱闘シリーズでもおなじみの選曲だったので、聴き慣れていたんですが、

エイトメモリーズ、あれだけは何度聞いても涙腺に来ますね。

出だしからもうだめですね。

旋律が耳から脳に直接来る感じが。

私未プレイなんですけどね。

この曲を聞くためにプレイしてみてもいいかなぁ。

MOTHERシリーズは手を付けたことが無いですからね。

 

クロノ・トリガークロノ・クロス


プレイ済み/未プレイ

 
もうね、ここまで来た段階で感情の高ぶり的なものがありますが、

ここでクロノトリガーですよ。

メドレーですけど、要所要所のイベント曲を突っ込んでくるところは最高ですね。

クロノトリガーかな、RPG苦手な私が全クリした最初のRPGは…。

クロノ、カッコいいですよね。

鳥山さんキャラデザ、ドラクエ堀井さん、FF坂口さん、BGM光田さん、

今考えるとすごい方々ですよね。

当時も、ドラクエの堀井とFFの坂口のタッグという事で盛り上がったんでしょうね。

クロノクロスは、プレイするタイミングが無かったんですよね。

おお、やらなきゃ、と思って結局やりませんでした。

続編とはいえ、かなり重い話らしいので、やるからにはそれなりな心構えがいるかもですね。

 

PRESS STARTさよならメドレー

 

いやぁ、何の曲が流れたのか全部書き連ねたいところですが、

物忘れ激しいんですよね。

きっとネットを探せばわかると思うのでそれを見ていただけると。

「許諾地獄」「譜面地獄」とおっしゃっていましたが、

あれだけの曲数を書いたらそりゃそうなりますよ。

最後の最後、やりきるためのメドレーだったんだ、

と思うとそれだけでも、最後というのがグッときますね。

  

と、駆け足でしたが、感想を一つずつ述べてきました。

毎年の楽しみが一つ減ってしまったというのが大変残念ですが、

ゲーム音楽のコンサートは、さまざまに波及していることが分かりましたので、

ちょくちょくいけるコンサートには顔を出したいですね。

 

結局PRESS STARTも、毎回私一人で通いつめてしまったなぁ。

すごく良かったので、ゲームが好きな方、ゲーム音楽が好きな方は是非、行きましょう。

PRESS STARTは今年で最後なので、他のゲーム音楽のコンサートに。最近はやっぱりJAGMOでしょうか?他にもいろいろありますが。

そのゲームをやっていなくてもいいんです。この音楽が好きだな、と思えればそれだけでもゲームのやる価値というのはあると思います。

 

 

身近でないけど身近な人。

 

7月13日、任天堂岩田聡社長が亡くなられました。

 

私自身、生では一度だけ、拝見したことがあります。

就職説明会での社長プレゼンテーションでした。

昨今のゲーム業界と、任天堂のこれからを説明されていたとき、

「この人はなんてプレゼンが上手なんだろう」という印象がありました。

この時はニンテンドーダイレクトはもう始まっていた気がします。

そのことは分かっていたつもりですが、

あの感覚と同じように、聞いていてわかりやすいプレゼンでした。

 

私の身近な存在ではないのですが、

ニンテンドーダイレクトや、社長が訊く等は毎回チェックしていた私にとって、

勝手にものすごく身近な人に感じていました。

少なからず私以外の、私と同じようなことをしていた人たちもそう感じていた事と思います。

 

訃報を聞いた時、

少し前に亡くなった私の祖父の事を思い出しました。

祖父の訃報を聞いた時も、悲しさが自分の周りを包み込んで、周りの音が聞こえないような、そんな感じでした。

昨日も、そんな感覚で、「あぁやっぱり、自分にとって、身近な人だったんだな」と改めて実感しました。

 

E3ではTwitter更新をされていましたし、

株主総会にも出席されていたところを見ると、

かなりご無理をされていたのかな、と思います。

業界が業界ですから、どうしてもそういうことが多いと思いますが、

身体が第一ですから、無理をなさらないでほしかった。

手術前と後ではかなり雰囲気が変わっていて、「大丈夫なのかな」と思っていたこともありました。

社長が自ら「この体系が維持できそうなので、私のMiiも変更しました」

と、自分の体形の変化も、話題に取り込むユーモアを出していました。

 

前回のニンテンドーダイレクトで、紹介者を引き継ぐ話が出ていました。

この時は「今はNXの件もあるからそちらに専念したいのかな」という程度二しか考えませんでしたが、

今思うと、もしかしたら、ご病気の部分を考慮してだったのだろうか、とも考えてしまいます。

 

有野課長さんとの対談の時も、「出来ればまたゲームを作りたい」とおっしゃっていたことを思い出します。

もし岩田社長が今、ゲームを作るとしたら、どんなものを作るんでしょうか。

 

本当に、ありがとうございました。

岩田社長が発信するコンテンツには、本当にワクワクさせていただきました。

社長のゲームに対する熱量が今後の任天堂に繋がっていくことを願っています。

 

どうせ飽きるだろうけどやるだけはやるシリーズ1 (Unreal Engine 4)

せっかく無料になったので、UnrealEngine(UE)4をとりあえずインストール中。

今日は遅いので、いじるのはまたいつか。

こんなことやってるのでディスク容量がたまっていくんだよなぁ。

f:id:mamemamemaame:20150328001006p:plain

 

名前知っている程度の知識しかないので、

HowToページをググりながらいじる感じにするよてい。

 

RPGツクールとか、ゲーム開発系は色々いじるのが楽しいですね。

それをもとにゲームが作れれば最高なんでしょうけどね。

最近はゲーム開発の敷居が低くなってきているので、うれしいですね。

欲を言うならもうあと3,4年位早く来てれば…と思いますけどね。これは仕方ないかな。

 

 

 

RPGツクールVX Ace

RPGツクールVX Ace

 

 

Lumosityやってみた

少し前の「脳トレ」とは違って、今の「脳トレ」は更なる手軽さと楽しさを持っています。良いのか悪いのかはともかく、人間やっぱり脳の運動は欠かさずしたいところですね。

 

お久しぶりです。

未更新の間は混沌とした世界で闇に飲まれているとでも思っていただければ。

 

さて、まともにゲームすらプレイできていない筆者でございますが、

PCは毎日欠かさず立ち上げているので、

PCで簡単に出来るものはないかな、と思っていたところに、

大学の先輩が、「Lumosity」という脳トレゲームをやっているとのこと。

おお、これは面白そう。

 

私は「脳トレ」とか「クイズ」的なものが好きでして、

クイズ好きはスーパーファミコンの「アメリカ横断ウルトラクイズ」から始まります。

当時小学生くらい。当然問題なんてわかりっこないので、勘で答えてました。

裏ワザでグァムから始められるパスワードがあったのはよく覚えています。

グァムの泥んこ、サンノゼのボールころがし、ケンタッキーのバラバラクイズ…だったかな。あ、キーウェストの的当てクイズもあったなぁ。

敗者復活のもぐらたたきにはお世話になりました。

この話分かってくれる人きっといない…。

 

閑話休題

 

ということで、Lumosityプレイの雑感をば。

少し前の「脳トレ」ゲームというと、DSの「脳を鍛えるシリーズ」がありますが、

こちらはDSトレーニングと銘打っているだけあって、

トレーニング感があります。

四則演算、漢字書き取り、おつり計算、などなど。

もちろん、脳にいいことだとは重々承知の上ですが、

三日坊主な私にはちょっと腰が重くなります。

トレーニング感が強い。続けなきゃいけない。

やり始めるときには教授から「連続何日目ですね!」とか、「何日ぶりですね」みたいなことを言われると、いろいろ来るものがあります。

(気にし過ぎと言われればそれまでですが)

 

対して、Lumosityは、トレーニングは週3~5日位で良いよ、とのこと。

マジかよ、ありがたきかな週休二日制

しかもトレーニングは、

図形を覚えて前の図形と同じかどうかを判断したり、

列車の線路を切り替えて正しい駅舎に導いたり、

光ったタイルを覚えたりと、

文字より、画像を重視したトレーニングが多いです。

一つ一つもそれほど長くないトレーニング時間で、さくっとゲームを楽しめる感じですね。

意外と頭を悩ませるトレーニングは多いですが、

慣れてくるとそうでもなくなったりします。

 

そしてゲームをプレイするとその結果に応じて、LPIという数値が算出されます。

このLPIを出来るだけ高めていくのが、このサービス利用の目的のようですね。

LPIが高いと、その分野での優位性があるという事なのでしょうね。

ジャンルは、

 

・スピード

・記憶力

・注意力

・柔軟性

・問題解決能力

 

の5種類。

それぞれの分野に応じたゲームが用意されていて、ゲームの成績によって、

スピードのLPI値が高かったり、逆に柔軟性のLPI値が低かったりするわけです。

それを見て、

「あぁ、私は脳の瞬発力は高いんだな」

とか

「私は脳の柔軟性が低いな、融通効かないってことか。やかましいわ

とか考えるわけです。

これらを踏まえて、自分の脳の苦手な部分を他の分野に合わせたり、

得意な分野をさらに伸ばしていくことをするんですね。

 

f:id:mamemamemaame:20150222213359p:plain

 

こんな感じで。

 

で、これを行うと何が良いかと言いますと、

Lumosityを利用している他ユーザとの比較が行えるのです。

数値のグラフの下に能力比較を見る、というのがありますので、ポチっと押しますと

 

f:id:mamemamemaame:20150222213615p:plain

 

 

上記のような物が出ます。

上から、

・総合

・スピード

・記憶力

・注意力

・柔軟性

・問題解決能力

 

の6種類で比較が行われます。

あ、ちなみにこれはプレミアム会員専用です。

見たい方は会員になる必要があります。

私はとりあえず1年会員になりました。

 

比較はパーセンタイル値で評価されています。

パーセンタイル値は(どれどれ…)

…えー、例えば私の総合のパーセンタイル値は90.6thです。

これは、私の総合のLPI値が、選択した年齢層の90.6%より高いという事を表します。

あ、選択した年齢層が見きれちゃってますが、

25~29歳の年齢層になっています。私の年齢層はその中なので。

つまり、25~29歳の年齢の中では私は全体の90%より上の成績なのです!(やったー)

100人にいればトップ10位に入るってことですね。

 

これらを見ても、「あースピードと柔軟性が低いからもっと頑張らないとなー」

という感じになりますから、意欲が出ますよね。

はっきり何位、という順位を出さないところも良心的だと感じます。

ここら辺は大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DSの、「世界戦闘力」のような配慮なのではないかと思います。(私の戦闘力は5以下略)

 

画像は私が登録してから一週間程度プレイした結果となっています。

何だよ、自慢かよと思われるかもしれませんが、

おそらく、時が経つごとにこの順位も下がっていくと思います。

そう思う点は2点。

 

・おそらくサービスから時間がたってないし、広く認知されていない(と私は思っている)ので、そもそもユーザ数が少ない

・トレーニングによっては何度も回数を重ねないと、より高いLPIを出すことができない

 

この2点があるため、今は順位が高いのだと思うのです。

 

1点目は実質の母数がどの位かわからないから、高い順位をたたき出したとしても、それって、結局どの位すごいの?というのが分かりにくいです。

これは、先ほどの「世界戦闘力」等にもある、「順位が分かるとあまりの途方もない順位に逆にモチベーションが下がってしまう」問題を避けた結果そうなってしまう部分もあると思います。

仕方がないと思いますが、正確な位置づけを知るためにはもっとユーザ数を増やすべきだと思いますね。このサービスを知っている人はおそらくまだ少ないと思いますし…。

せめて全ユーザでの位置づけがあれば良いのにな…とは思いました。

 

2点目はトレーニングの中に、ゲームのレベルが徐々に上がるものがあります。

最初の方で書いた機関車の線路を切り替えて正しい駅舎に導く、というゲームは、

好成績を出すごとに高いレベルが解放されていき、ゲーム開始時の選択するレベルが高いレベルほど高いスコアを出せるようになってきます。

つまりトレーニングを回数重ねて好成績を出していかないと、高いレベルが解放されませんから、

結果的に高LPIは出せないという事です。

1点目のユーザ数と同様、高いレベルでのトレーニングを行っているユーザが少ないと、能力比較における順位は必ずしも正しいとは言えないことが分かると思います。

本当はものすごく高いレベルのLPIを持った人が、トレーニング回数が少ないために低いLPIとなってしまっている、という状態が多いと思うのです。

全てのトレーニングがそういう仕組みではないので、この考えが必ずしも正しいとは言えませんが…。

 

つまり、このサービスに人気が出て、ユーザ数が増えてサービス自体が成熟してきたころに比較をするのがより信頼出来る値になると思っています。ということです。はい。

 

…と、色々書きましたが、

トレーニング自体はどれも面白いですし、

一日のトレーニングは大体5ゲームほど。

それほど時間もかかりません。

脳トレ」が好きな方にはぜひやっていただきたいサービスです。

能力比較や履歴等を参照するつもりがない方であれば、無料で出来るので、

是非やってみてくださいね。

http://www.lumosity.com/

 

QMA(クイズマジックアカデミー)の新作をWiiUで出してくれないだろうか…出たら絶対買うのに…。

コナミさん…さすがに無理ですか…。

 

 

 

クライマックスアクションとキャラの好み

どうも。今回はベヨネッタ1,2についてのお話です。

ゲームログとしてメモしていたものを見ながら書きます。

 

プラチナゲームズ開発のゲームプレイは初?じゃないかなと。
あまり覚えてないですけど。
 1に興味はありましたが、PS3を持っていなかったため保留にしていました。
WiiUに出るうえに、1も同梱という太っ腹な販売だったので、これは買わない手はないと。
 
操作性は、アクション重視な感じでありながら、てけとーに入力してもコンボが決められる親切設計。
ギリギリ避けると発動するウィッチタイムも、最初は難しかったですが、
だんだん慣れてくると、狙って出せていけるところも良いですね。
ただ後半になると、敵も強くなるためそれ相応の動きが求められてくるようになり、手応えが出てくるレベルデザインになっていて、すごく感動しました。
後半はバタバタ死にましたけどね(笑)
 
ストーリーも面白かったです。単純明快、というには少しおかしいかもしれませんが、良い意味で、こちらがうんうん考えなくても良いのが良いですね。(良い…のか?)
キャラクターがさほど多く出てこないので、鳥頭な私には丁度よい感じ。
(最近のゲームはキャラクターが多くて、「誰だお前!?」的発言をよくするので)
その分キャラクターの個性は強い気はしますね。
ロダン渋いのになんかお茶目だし、
ルカのイケメンなのに残念っぷりは見てて面白かったです。
 
アクション好きであればおすすめ。
アクションが苦手でも、ノーマルクリアは普通に出来ます。
アクション好きですがアクション苦手な私でもクリアできましたから。
(証明になっていない)
 
2になると、アクションがより磨きがかかっているというか、スピーディ?というのは語弊がありますが、なんかこうスムーズになりました。使用感的な意味で。
…というよりカメラワークが良くなった?
1では結構カメラワークに神経を使うことが多かったんですけど、2はそれがあまり感じられなかったですね。
魔力の使い道が増えたため、ゲージ管理はより一層重要になったなぁという印象。
…と言っても、大体貯めてドカーンしかしませんけど。
装備も増えたので場面でうまく使い分けて戦えるように。
(属性を考えた装備は結構大事な気がします。与ダメージ的な意味で)
 
ストーリーは1とかかわりがあるので、1を先にプレイすることをオススメです。
1と2を2日くらいで一気にプレイした私は、大規模なアトラクションを体験したかのような感覚でした。
 達成感と充実感を感じたゲームは久しぶりですね。
 
武器や、テクニック等を購入して強化できますが、狙って技を出すのが得意ではない私にはあまり使いこなせなかったです。
まぁ練習量が足りないってことですよね。
買うにはヘイロウ(お金)をためないといけませんし。
 
基本的に体力上限と魔力上限上げれば比較的に戦えます。
気づいたのが後半で、双子の敵に苦戦した記憶が…ワンコンボでゲージ一本近く持っていかれた時は目が点に…。あいつが出る度にため息が出ました。
 
プレイしてて思ったのが、やっぱりゲームで、好きなキャラが出ると、格段にゲームのプレイしているときの高揚感が増しますね。
私は女性キャラより、男性キャラが多いんですけど、
渋くてかっこいいおっさんキャラとか、残念なイケメンとか。
テイルズシリーズも少しやっていますが、好きなキャラは
 
デスティニー→スタン、リオン
ファンタジア→チェスター、クラース
エターニア→リッド、フォッグ
 
他にも、ゼノブレイドのダンバンさんとか
という男性キャラっぷり。いや、女性キャラも好きなんですけどね。
何かよくわかんないですが、そういうキャラが好きっぽいです。
女性キャラに入れ込むことあんまりないんですよね…。
好きだなぁと思ったのは、シャオムゥ(ナムコクロスカプコン)ですかね。
零児とシャオムゥのコンビは最高だった。
どんなキャラクターかはグーグル先生に聞いてください。
 
話を戻しますが、
1,2を通して、ストーリークリアを一気にやりましたが、満足でした。
あぁいうアクションRPGがもっと増えてほしいですね~。
自キャラを自由に動かして戦っていく、というのは凄く気持ちいいことですからね。
近くても遠くても良い将来、
ネットでの対戦だけでなく、ネットでのcoopプレイをコンシューマ―機でも増やしてほしいと思います。
友達と、協力プレイはやっぱり楽しいですからね。モンハンとか。
欲を言えば、たくさんの人たちが集まって、一つの巨大なボスを倒すイベント、みたいなものもあっていいと思います。
ネトゲでは結構あたりまえかもしれませんけど。
共闘!という流れも一部で存在している分、
見ず知らずの誰かたちと一緒に、一つの目的のために自分が頑張っていく、というシステムもありじゃないかなぁと思います。
 
あ、もちろんソロ参加もOKな感じで(笑)
 

 

ベヨネッタ2 [オンラインコード]

ベヨネッタ2 [オンラインコード]

 

 

たまには馬鹿なことをやってみたくなる

余裕なくても無駄なことはしたい。なんとなく安心するから。

 

今回は、久しぶりにドラクエXの話です。

日記の更新の如く、長い間オフラインでした。

忙しかったのも有りますが、正直結構飽きが来ている部分がありました。

オンラインゲーム特有の世界観重視ゆえの、フィールドの移動が面倒だったり、

いわゆるソロプレイだと出来ないアトラクションがあったりと、

結構悲しい部分も増えてきてしまい…。

一応チームに属してはいますが、「~行きましょう!」とか「~手伝ってください!」

とはいえず…。

元々オンラインゲーム向きの性格ではないと自負しております。

 

さて、なのになぜ今回その話をするかというと、

実はドラクエX、オフライン状態でも、元気タイムという時間が溜まります。

この元気タイムを引き換えに、元気玉、と呼ばれる、要は「一定時間経験値が倍になるアイテム」がもらえるんですが、

実はこれ、スマホの「冒険者おでかけツール」からだと、ふくびき券に交換できるんですよ。

延々オフラインだった私は、コツコツと貯め続け、

500枚ほど溜まりましたので、

折角だし、一気に引いてみよう!と思い、

折角だから、統計取ってみよう!と思い立ちました。

 

 

馬鹿ですね。はい。

 

 

 

というわけで、

500枚用意して、オーグリード大陸のグレン城下町宿屋へ。

目指すは特等、上位3等以上。おすそ分けフレンドもバッチリ。

f:id:mamemamemaame:20140907005235p:plain

 

いっぱい人いたので、名前は隠しました。

ということではじめ。

 

 

1回~100回

3等当選。いきなり幸先良いスタート。

元々100に1回くらいは出るんじゃね?とは思っていましたが、予想通りかな?

等数、その等の出た回数、現在試行回数に対する確率という順に表示してます。

総数が9等のでた回数の下に。その隣が残り抽選回数です。

小数点なのは補助券分の回数が含まれているからです。

 

100回試行時↓

f:id:mamemamemaame:20140907004833p:plain

 

 あ、表計算の扱いが雑なのはご了承ください。

ホント適当にやってたので…。

 

100回~200回

初1等キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

グラコスのコインは確か今10万くらいで売れたなぁ。

儲け儲け。

でも結構疲れますよね。

 

200回試行時→すいません。キャプチャし忘れました…

 

200回~300回

2等キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

後特等当たれば全制覇!

そして確率の高い8等は100回の大台に。

 

300回試行時↓ 

f:id:mamemamemaame:20140907004840p:plain

 

 

300回~400回

当たらない時期突入。音沙汰なし。

こういう時、「何やってるんだろう、自分」と思います。

 

400回試行時↓

f:id:mamemamemaame:20140907004849p:plain

 

400回~500回

着々と回数を重ねていた踊る宝石兄貴がついに化けました!

1等当選再びキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

まさか1等が複数回当たるとは…。

そして8等が200超え。

 

500回試行時↓

f:id:mamemamemaame:20140907004852p:plain

 

500回~516回

ロスタイム。ふくびき補助券分ですね。

ふくびき補助券5枚でふくびき券1枚です。

今度は直引き1等キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ここまで来るとラッキーだったとしか!嬉しい!

本当は特等が欲しいけど!(わがまま)

 

最終結果↓

f:id:mamemamemaame:20140907004859p:plain

 

 

とまぁ、最終はこのようになりました。

1等3回はたまたまだったと考えて、

1~3等は軒並み似たような確率なのかもしれませんね。

特等は格別確率が低いとか。

まぁ、種類に対して、母数が明らかに少なすぎるので、

信頼性のある結果かと言われればそんなことはないんですが…。

興味深かったのは、6等と9等の確率、結構近いんですね。

最終的にはもっと開きが出るのかもしれませんが、

6等ってそれほど出ないものだと思ってました。

 

そして、踊る宝石兄貴は、10回に一回は出る計算。

2回出現は、2回再抽選が行われた、という意味です。

再抽選の際は、最初に選ばれた等数以上のものが確実に出るみたいなので、

2回再抽選が来ると、激アツ!というところでしょうか。

1等当選の時も、7→4→1みたいな感じ出来た気がします。

踊る宝石出現に関しては、期待できる回数ではないでしょうか。

再抽選結果後の等数は期待できませんけど。

 

 

 

おまけ

 

 

せっかくなのでスペシャルふくびきもやってみた。

15枚しか無いけど…。

 

結果↓

f:id:mamemamemaame:20140907004902p:plain

 

救いは…救いはないのですか!?

 

 

 

ちなみに、この500枚のふくびきを回すのに、

21時→23時半かかりました。

 

2時間半ひたすらふくびきを回し続けました。

 

2時間半、僕はなんて馬鹿なことに時間を使ったんだろうと思います。

でも、なんかたまに、すごくどうでもいいこととか、

馬鹿らしいことをまじめにやりたくなりますよね。

そういうの、結構大事にしたいです。

 

お粗末さまでした……ではまた。

 

 

 

 

最近やってるものまとめ

思い出そうと思えば思い出せるんだ。

 

どうも。お久しぶりです。2月9日から更新が止まっていますが、

別にやめたわけではありません。

不定期更新ですからね。はっはっは。

免罪符にはなりませんね6か月前じゃ…。

 

この6か月間は大幅な体調不良(主に精神面)もあり、実際生活するのも大変だったんですが、とりあえず、だいぶもどってきました。

 

実際、ブログとかで書きたいこと書くって、ストレス発散になるんですよね。

アウトプット大事。

 

というわけで最近やったゲームをピックアップして2つご紹介。

やったゲームはいろいろあるんですが、全部書くのはつらいですね。なので2つ

 

ゼルダ無双

 

 はい。時期的にもタイムリーだし、やっぱりこれでしょう。

買いましたよゼルダ無双。「ゼルダの世界で一騎当千!」というキャッチコピーの元、「どのくらい一騎当千なのか?」というイメージだったんですが、

これはうまい具合におさまってるなー、という印象。

初コラボ作品で一作目だし、多少大味なのかな、と思いましたが、

プレイ途中でも、そこそこ歯ごたえはありつつ、爽快感もあり。

一騎当千どころか、一騎当二千してしまうあたりは、無双っぽい感じがしますね。

キャラはそれなりに使いこなしていますが、

やっぱりインパさん使いやすいかな。太刀で暴れまわるの楽しいですね。

今回アドベンチャーモードというやり込み要素もあるみたいなのでそちらもやる予定。

まぁとりあえずストーリーからね?飽きたらアドベンチャー行くけど。

公式トゥイッターでは、長くバージョンアップをしていく予定だそうなので、

線上に生える草場の陰から応援したいと思います。

無双は、爽快感はあるんですが、逆に単調すぎて、飽きられやすいのが欠点かなぁ、と思うんですが、今回はどんな感じでしょうかね。

無双OROCHI2 Hyperはかなり楽しませてもらいましたが。

 

というかですね…私の周りWiiU持っている人本当にいないんですよね…。

ハード自体は良いと思うんですけど、やはりソフトがね…頑張ってほしいんですけど…。

 

 

・League of Legends

 

通称LoL。世界で最も遊ばれているネトゲ…でしたっけ。

同期に誘われてプレイしてみたんですが、

これが何とも面白い。

プレイヤーは規則的に流れてくるミニオン(ザコキャラ)を倒しながら、

1.敵陣地のタワーを破壊

2.敵陣地のインヒビターを破壊(これを破壊すると、強いミニオンが出てくる)

3.敵陣地のネクサスを破壊(最終目標)

の3つを順に行っていくゲームです。(初心者故超語弊のある言い方してますけど)

詳細はウルトラスーパー省きますが、

この3つの過程を成功させるまでに、ミニオンの倒し方や敵チャンピオン(LoLでは操作キャラをチャンピオンというみたいです)をいかに邪魔するか、集団船の立ち回りや、装備の組み合わせ、はたまたスキルの取得手順という、

勝つために開かれる選択肢や戦術が全然違うというのが驚きで、

操作チャンピオンに至っては100種類以上(!?)あるそうです。

初心者用キャラを何回か使いましたけど、操作の慣れは必要ですが、

後は「どう育てるか」「どうプレッシャーをかけるか」「どう連携するか」をしっかり考えながら行動するという、結構頭も使うゲーム見たいです。

 

…とはいえ、私はネトゲでコミュニケーションをとるのは苦手なので、プレイするときは非常に疲れます。

海外のゲームですからもちろん英語。

英語のネット用語なんてわかりません。やったことないし。

なので友人とやる以外はチュートリアルだけやってます。

何その縛りプレイ。

いろんなプレイヤーさんの立ち回りとか攻略法を読むのが楽しいです。

分かった気になってるだけなのは重々承知ですが、「そういうやり方もあるんだ」と勉強になる時が楽しいですね。(実践しろよって話ですが)

 

はい。今回は以上です。

 

今後発売ゲームでは、近いものだと、セイクリッド3、大乱闘、ベヨネッタ2、とかでしょうかね。

やる時間はないけど、買うでしょう。たぶん。

 

また気が向いたら更新します。

ゲームだけじゃなくていろいろ書いた方がいいかな。

 

 

ゼルダ無双 (通常版)

ゼルダ無双 (通常版)

 

 

 

セイクリッド3

セイクリッド3

 

 

 

大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS

大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS

 
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U