読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームやその他の雑記を淡々と書くブログ

ゲームを中心とした話、その他雑記を書き込む不定期更新ブログ。このゲーム面白そうと思ってもらえるような記事を書いていきたいです。

こんなこともあるもんだと。

今日は色々やることがあったのでそれほどゲームできませんでした。

とりあえず土日の日課であるドラクエX。

知り合いの人とかの水やりは基本やるときは毎回やってます。

ついでにご近所さんにも肥料&水やりしてるんですが…。

 

なんとそこに家の方のフレンドらしき人が家の前に立ってる…。

 

基本、明らかに声をかけられるレベルの出会いの場合、私は、何もしないか、

(・∀・)イイネ!!して逃げます。

はい。鶏ですね。

家の方の畑に肥料を上げて、水をあげて。

離席してるのかなーと思いつつ(動かなかったので)、離れようと思ったら、

 

ぴょーん。

 

向こうがはねてました。どうやら呼びかけられたようです。

恐る恐る(・∀・)イイネ!!をして立ち去ろうとしたら、

ぞろぞろと家の中から外から人が…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

家主の方も出てきたのでうわー大変だー。と内心手が震えます。

家主の方はフレンドリーな方で、

 

いつもみずやりありがとう!

 

とお礼を言ってくださいました。いえいえ、ついでですからそんなお礼なんて…。

という感じで返事を返すと、

 

フレンドになってください!

 

工エエェェ(´д`;)ェェエエ工

と、突然過ぎる…上がる心拍数…。

どうする…どうする…(ざわ・・・ざわ・・・)

 

ここで少し間を置きまして(酷いタイミング)

ドラクエXでは、フレンドになる利点として、

 

・フレンドがログアウトしていればサポート仲間として毎回連れていける(本来ランダムに20体選ばれ、そこから選ぶシステムである)

 これはフレンドになることによる主な利点です。まぁ相手のレベルが高ければ連れていけませんが…。

 サポート仲間で経験値が入るので、フレンドが多い人ほどよく借りられレベルが上がる、と思われます(フレンド少ないのでよく分かりませんが)

・ログイン通知機能がオンになっていれば、今やっているかどうかが確認できる。

 「ちょっと魔法の迷宮行きません?」とか出来る。

 

この2つがあると僕は考えています。

ただ、仕事もあるので基本土日しか出来ませんし、あまり皆でプレイするというのは、リアルな友人ならともかく、ネット上での知り合いは慣れていないので非常に抵抗があります。

 

鶏なので。(そこおすのか)

 

でも、実際ドラクエXは皆で協力してプレイする部分も設定されており、前回の記事でも書いたとおり、

基本的に金欠に陥ります。

その場合、サブイベント、クエスト、アトラクション等によるアイテム回収やら様々なことを効率よくこなすことが求められます。

オンラインゲームで「効率厨」なんて言葉を聞く人もいらっしゃると思いますが、

オンラインゲームをガチでやると、行き着く終端の一つがそこなのかな、と私は思います。(もちろん、楽しさはそれだけではありません。一つの事柄がすべてを表すわけでは無いです)

もちろん私は効率厨ではありませんし、どちらかと言うと、適当にのんびりと遊んで、楽しかったねーまたねーで終わり。

というゆるい関係が好きです。

あまり積極的に関わるのもあまり好きな方ではありません。

でも金欠は困る。なので、

 

話を戻して。

 

・土日しか出来ないため恐らく一緒に遊ぶことはなかなか出来ない

・初心者のため色々とあれがこうなので…。

 

という2点を申し上げた上で、フレンド申請を受諾しました。

家主さんフレンドさんに喜んでもらった上に、ホイミベホイミまでかけてくれて…(ちょっとHP減ってたんで…)

うーん、オンラインゲームでしか味わえない光景だなぁとしみじみ感じました。

はじめての経験だったので。

あまりお会いする機会はないかもしれませんが、

この流れで魔法の迷宮デビューとかできたら…いいなぁ…。

 

結構気まぐれなんで、遊ぶときは遊んで、遊びたくない時は遊ばない。

という感じです。

人付き合いは苦手な上に色々と考えこむタイプなので、

そこだけはパーソナルフィールド?(造語?)みたいな感じで、譲らないつもりです。

なのでフレンドの方がそこら辺理解のある方だと助かります。

 

…と、こんな感じでどんな人かも分からない人にあーだこーだ心配事を考える当たり、

 

人慣れしてませんね。私。

 

うん。知ってる☆